痩せるために努力した人に|ベイザーで楽々脂肪吸引

手に汗を多くかく症状

水着の女性

ひどく悩む症状

ここ最近では、手の汗が異常に出て悩む方が多くいます。そのような症状は、手掌多汗症というものです。面接前で緊張していると、多くの方が掌に汗をかきます。しかし、手掌多汗症では、普通に日常生活を送っているのに異常に発汗してしまいます。この手掌多汗症の原因は、交感神経の機能亢進の状態が続くことによるものです。この状態では、汗を分泌するエクリン腺が活性化されて多量の汗が分泌されます。手掌多汗症になると、手の汗をとても気にするあまり、人と握手をすることができないです。また、恋人ができても手をつないで歩くことも憚られます。人と触れることを極端に恐れる傾向があるので、次第に消極的な性格になっていきます。なので、すぐに改善したほうが良いです。

効果的な施術法

手掌多汗症の治療として、多くのクリニックでETS手術というものが行われています。掌の汗というのは、脳の視床下部から交感神経に汗を分泌させろと命じることで分泌されます。なので、ETS手術では、指令を受ける交感神経を切断することで手汗を抑えていきます。このETS手術のやり方は、まず麻酔をして脇の下にある皮膚を数ミリ切開します。そして、そこから内視鏡と電気メスが一緒になった器具を胸腔に入れていきます。そして、モニター画面で中の様子をきちんと確認して、交感神経を1cm切除します。これで、施術は終了です。ETS手術では、皮膚を少ししか切開しないので傷跡は残らないです。また、術後の痛みも少なく、日帰りで自宅に戻れます。なので、気軽に受けることができます。