痩せるために努力した人に|ベイザーで楽々脂肪吸引

医療の光でスキンケア

女性

新型機の導入も進む

フォトフェイシャルは光を照射することによって、しみ・そばかす・ニキビ跡・毛穴の開きなど、さまざまなお肌のトラブルを解消していく治療法です。東京にはフォトフェイシャルを受けられるクリニックが、200以上あると言われています。フォトフェイシャルで使用する光は、一般にインテンス・パルス・ライト(IPL)と呼ばれていて、肌に優しく副作用が少ないのが特徴です。しかし海外では、さらに効果の高い新型機の開発も進められています。東京のクリニックでは、こうした最新鋭の機種を導入しているところがあります。患者数が多く実績豊富な東京で施術を受ければ、これまで効果を実感できなかった方も、今後は改善できる可能性が大きくなると考えられます。

レーザーとの違い

光による治療というと、レーザーを思い浮かべる方も多いでしょう。原理的にはフォトフェイシャルもレーザーも似通っています。光のエネルギーをメラニン色素に照射し、熱でダメージを与えて縮小させていきます。同時に皮膚の線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの産出を促して、肌のハリを取り戻させます。ただしフォトフェイシャルは、レーザーのような刺激の強い光ではありません。そのためレーザーのように、かさぶたができたり赤くなったりすることは少なく、痛みやダウンタイムも小さいという特徴があります。とはいえ出力によって多少の違いは出るので、信頼できるクリニックで施術を受けるのが大切です。選択肢の豊富な東京なら、腕の確かなドクターを見つけられるでしょう。